茶韻音遊

 

 

「茶韻音遊」

(ちゃいんおんゆう)

  

 

まるで映し鏡のようにして存在する

「韻」と「音」。

 

 

韻は、静寂なる根源的な「無」の世界へと私たちを引きよせ

音は、その無から「有」が生じる際の原初的な力。

 

 

茶から滲み出る「韻」としての気の流れと

息吹とともに笛から奏でられる「音」の調べが

留白という空間にて交わり、ひとつになります。

 

 

その場に集う魂は、

「韻」の響きに誘われ「無」へと回帰し浄化され、

「音」の調べに乗って「今・ここ」へと戻り再起します。

 

 

ご縁のある方々にぜひご参加いただき

韻と音の波に身を遊ばせながら

留白にて、内なる魂の息吹を

共に響き合わすことができましたら幸いです。

 

 

 

音の波/真砂秀朗

言の葉/木戸寛孝 

茶の葉/留白Peru

 

 

 

〈時〉

2022年10月16日 日曜日

 

 

〈処〉

留白

逗子駅より徒歩10分

(詳細申込確定後ご案内)

 

 

〈会〉

第一部 10時-14時 8名様 ※満席御礼

第二部 16時-20時 8名様 ※満席御礼

 

 

お席代 15,000円/名

※事前お振込※

 

 

〈催〉

言の葉による開き/木戸寛孝 (30分)

 

茶会 (1時間)

 鈴の音/真砂秀朗

 烏龍茶/留白Peru

 古樹茶/木戸寛孝

 笛の音/真砂秀朗

 

休息/軽食と菓子 (40分)

 

音会(40分)

 笛の音/真砂秀朗

 

言の葉による結び/木戸寛孝(15分)

 

・・・・・

 

 

お心寄せて頂きありがとうございます。

お蔭様でお席は満席となりました。

感恩 

 

 

・・・・・