2012年

10月

11日

無花果

 

 

時々、赤い色が無性に気になる。
身につけることで、とても落ち着く。
少し血の色にも似た、紅色。を。
幼い頃思い出す。母の真っ赤な爪の先を。

 

絵描きの友人が言葉にしてくれた。

「赤が気になるのは、命がざわめいているから。」と。

 

無花果の赤もまた

命のざわめきを感じさせる。

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    peru-teaworks (金曜日, 12 10月 2012 22:26)

    イノウエさんへ
    どうもありがとうございます!頭の中では無花果のつもりだったのに、言葉が完全柘榴でした^^
    お元気ですか?忘れずにいていただきうれしいです。
    新しいHPも見つけてくれて、うれしいですよ。

  • #2

    イノウエ (土曜日, 13 10月 2012 22:16)

    おせっかいかなと思いながらもご連絡させていただきました。
    ご丁寧にメッセージをくださいまして、ありがとうございます。
    ぺるーさんのことは、凍頂烏龍茶の香りと共に記憶してますので、忘れたりしませんよ。
    また、お茶を淹れてもらえる日を楽しみにしてます。
    季節の変わり目に、ご自愛下さい。