2012年

10月

28日

tea travel 山口

 
 
tea travel山口。

一生に一度は行ってみたい絶景のひとつ、
角島の海にて旅の思い出に奉茶。
ここ山口では、地元陶芸家の器を使い、山口の素材でお料理とお茶淹れのお仕事をしました。
山口の印象は、とてもシャイで物静かな方が多いけれど、出会った方々は秘めた情熱をもって、素晴らしい才能を発揮させる人々でした。
そんな皆さんの日常を垣間見る機会をいただきました。作り込まれたものではないのに、空間やモノ一つ一つが穏やかに光放っているように見えました。

今回とってもお世話になった
大中和典さんの海が似合う器で、
山口の名水を汲み、
この海と山口をイメージして、
阿里山 樟樹湖 金萱烏龍茶。

沢山の宝物のような写真。
皆さんにお見せするまでまたもう少し時間をいただいて、
次の県に向う旅支度と心の準備を致します。

おいでませ、山口。
ありがとう、長州。