2012年

11月

21日

tea travel 京都

お茶の旅、京都でのお茶会終えました。
京都では沢山の時間を聖子さんと過ごしました。一人の陶芸家として、一人の女性として、二人は沢山のお話をしました。
美味しい物を分かち合い、
美しい感覚を共有しました。
最後の日、聖子さんの好きな場所に連れて行って頂きました。
東寺。
...
立体曼荼羅(マンダラ)がある場所。
私はお茶の中で、聖子さんは器の中でそれぞれに仏様の手。に想いはせて表現しています。
凛として静かな器はだから茶が似合うのだなと分かりました。

時間は宝物。
若杉聖子さんと過ごした時間、
二人を応援して下さる皆さまと過ごした時間が私の一番の収穫です。


若杉聖子展「粧」
台湾茶会「日々是好茶」
写真/プロデュース 渞 忠之さん
京都 然花抄院にて
 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    青山宜子 (木曜日, 06 12月 2012 00:00)

    Peruさん♪こんばんは
    日々のなかの小さな幸せ、人との繋がり、お茶時間を大切になさっている姿。
    お写真から伝わるその信条が、姿が、何て美しいのでしょうか。
    Peruさんとのご縁に感謝です^^
    またお茶のお稽古に伺わせていただきます。どうぞよろしくお願いします。