2014年

9月

11日

月待ちの茶

今晩在月光下哼著這首歌喝杯
西蔵高山野生雪菊茶。
 

今夜は月あかりのもと歌を口ずさみながら
一杯の菊茶をいただきながら。
チベット高山野生雪菊。

「人有悲歓離合 
月有陰晴圓缺
此事古難全 
但願人長久 
千里共嬋娟」

人の世は喜び、悲しみ、
出会いと別れはつきもの。

月もまた満ちては欠け、
光と影のあるもの。

古よりこの道理の前に
為すすべは無し。

ただ願わくば 人の長久を。
ただ願わくば 遙か遠くにあっても共にあの月を見ることを。